【日本で唯一・世界でも3か所だけ波打ち際をドライブ】能登半島一日で一周!

日本で唯一・世界でも3か所だけ波打ち際をドライブできる千里浜なぎさドライブウェイ

石川県の能登半島には、

日本で唯一・世界でも三か所だけという、

波打ち際を車でドライブできる珍しい砂浜があります。

千里浜なぎさドライブウェイです。

澄んだ海とキレイな砂浜。

そこを車で走るという不思議体験。

動画と写真で、あなたも疑似体験しませんか。

【ここだけは外せない】能登半島一日で一周!レンタカーの旅
能登半島を、金沢市内から出発してレンタカーで一周しましょう。能登半島は見所が一杯ですが大丈夫。ポイントを押さえれば、朝出発して夜には戻ることができます。12時間で能登半島一周の満喫コース。ここだけは外せない立ち寄りポイントの紹介です。

スポンサーリンク

金沢を出発(レンタカーは事前ネット予約でスムーズ)

(2018年8月初旬の晴れた暑い日)

朝8時前

金沢駅西口にある、レンタカーの店舗へ向かいます。

金沢駅といえば、東口の鼓門が有名ですが、

西口にもモニュメントがあります。

金沢駅西口のモニュメント

8:00過ぎ、金沢を出発

今回はネットでレンタカーを事前にネット予約していました。

なので、借りるまでの手続きがとてもスムーズ。

10分後には出発できました。

のと里山海道

まずはのと里山海道を目指します。

のと里山海道は、金沢と能登半島とを結ぶ自動車専用道路です。

当初は有料道路として建設されましたが、平成25年から無料で走行できるようになりました。

のと里山海道の紹介|石川県

金沢方面から入ると、栁田ICまでの約30kmに渡って、海岸線を左手に眺めながら走ることができます。

とっても風光明媚な道路で、「日本の道100選」にも選ばれています。

「夏!」の景色

のと里山海道に入ると、いきなり目にドンッ!と飛び込んでくる景色。

(残念ながら運転中だったんで写真を撮ることができませんでした!)

青い空と、どこまでも続く白い砂浜!

「夏」の演出に気持ちが高揚します。

ここから、

今回の能登半島ドライブ、最初の目的地である千里浜なぎさドライブウェイを目指します。

道の駅 高松サービスエリアの足湯

あんまり景色が良いので、千里浜なぎさドライブウェイに着く前に、途中のサービスエリアに立ち寄ってじっくり眺めることにしました。

のと里山海道の高松サービスエリア

駐車場に車を停めました。

のと里山海道は能登半島を縦断しています。

のと里山海道の高松サービスエリアの案内板

沿線にある、能登半島の観光スポットが紹介されています。

のと里山海道の高松サービスエリアの案内板

本日、行こうと予定している場所もいくつかあります。

海の方へ降りることができるようになっていました。

のと里山海道の高松サービスエリアで海に降りる

せっかくなので行ってみましょう。

見渡す限り白い砂浜と青い空。

のと里山海道の高松サービスエリアからウミエ降りられようになっています。

気持ちの良い景色!!

のと里山海道の高松サービスエリアから見る海と砂浜のパノラマ景色

おっ!足湯があります。

のと里山海道の高松サービスエリアの足湯案内板

海を見ながら入ることができる足湯

のと里山海道の高松サービスエリアの足湯は海を見ながら入ることができます。

素敵です。

足洗い場もあるので、足に砂が付いても安心。

のと里山海道の高松サービスエリアの足湯横の足洗い場

さて、千里浜なぎさドライブウェイに向かいましょう。

千里浜なぎさドライブウェイはどんな所?

これから向かう「千里浜なぎさドライブウェイ」は、どんなところでしょうか?

何といっても一番の特徴は、波打ち際の砂浜を車やバイクで走ることができること。

そのような場所は、日本で唯一です。

更には、世界でも同じような場所は3か所だけという、非常に珍しい場所です。

普通は、砂浜を車で走ろうとすると、タイヤが砂にはまってしまいスタックして動けなくなります。

でも、ここ千里浜なぎさドライブウェイの砂は、とてもきめが細かく締まっています。

そのため、タイヤが沈むこと無く走ることができるということです。

石川県羽咋郡宝達志水町今浜から同県羽咋市千里浜町に至る砂浜の延長約8キロメートル (km) の観光道路であり、千里浜と今浜の一部と出浜の各海水浴場も兼ねている。

日本で唯一、一般の自動車やバスでも海岸線の砂浜の波打ち際を走ることができる道路である。このような道路は世界的にも珍しく、アメリカのデイトナビーチ、ニュージーランドのワイタレレビーチを含めて3か所だけと言われている。

千里浜なぎさドライブウェイ|Wikipedia

[2018/10/15更新]

ニュージーランドの砂浜をドライブできるビーチは「ワイタレレビーチ」ではなく、「90 mile Beach」では無いか?というご指摘を頂きました。

Google 画像検索で「ワイタレレ・ビーチ」と「90 mile Beach」の写真を調べてみると、車が走っている景色が出るのは90 mile Beachの方で、ワイタレレ・ビーチは馬が走っている画像しか出てきませんでした。

そのため、ここでは「90 mile Beach」を3か所目のビーチとします!

(T.O.さん ご指摘ありがとうございました)

千里浜なぎさドライブウェイをドライブ!

千里浜なぎさドライブウェイに最寄りである今浜ICへは、高松サービスエリアを出発して10分くらいで到着しました。

千里浜なぎさドライブウェイへは今回、今浜口から入ります。

千里浜なぎさドライブウェイの今浜口

こちらが「終点」なんですね。

千里浜なぎさドライブウェイの今浜口は終点だった

ここは日本で唯一、車で波打ち際を走行できる珍しい砂浜として有名なところ。

「スタックしない?」と心配になりますが、舗装路と変わらない走り心地で不思議です。

ずーーーーーっと砂浜

千里浜なぎさドライブウェイのずーーーーーっと砂浜

前を向いても

後ろを振り返っても

まっすぐ続く砂浜が続きます。

千里浜なぎさドライブウェイの砂浜

本当に波打ち際のすぐそこ、ギリギリまで車で近づくことができます。

千里浜なぎさドライブウェイの砂浜

千里浜なぎさドライブウェイの砂浜

それにしても、海がきれい。海水がとても澄んでいます。

千里浜なぎさドライブウェイの砂浜

では、動画もどうぞ。

千里浜IC近くまで、走りました。

道の駅 のと千里浜

再び、のと里山海道に入る前に、ちょっと寄り道。

道の駅 のと千里浜へ立ち寄り

道の駅のと千里浜へ

道の駅の一角には、砂像がありました。

道の駅のと千里浜の砂像

道の駅のと千里浜の砂像の案内板

千里浜砂像

千里浜の砂でできた巨大なサンドアートです。車も走ることができる細かい砂を使うことにより、大型で繊細な砂像を作り上げることができます。道の駅ではこの砂像を通年で展示しています。

千里浜海岸沿いでは、毎年5月から11月にかけて多くの砂像の製作・展示を行っており、夏の千里浜の風物詩となっています。

砂像の製作体験や製作過程の見学も可能です。

千里浜海岸沿いでの砂像の製作・展示

日程:毎年5月〜11月(ライトアップは8月〜11月)

場所:千里浜レストハウス横(道の駅から車で3分)

製作体験:毎年8月ごろ

招き猫も

道の駅のと千里浜の砂像

千里浜なぎさドライブウェイからすぐです。

次の目的地へ

さて海を満喫しました。

ここからは、のと里山海道を山の中へと走ります。

七尾湾の方面を目指します。