【ここだけは外せない】能登半島一日で一周!レンタカーの旅

能登半島グルッと!一日で一周 アラウンド47

能登半島を、金沢市内から出発してレンタカーで一周しましょう。

能登半島は、見所が一杯ですが大丈夫。

 

ポイントを押さえれば、朝出発して夜には戻ることができます。

 

12時間で能登半島一周の満喫コース。

ここだけは外せない立ち寄りポイントの紹介です。

 

能登半島はどんなところ

能登半島は、北陸地方の日本海に突き出している半島です。

大部分は石川県に属しますが、半島の付け根は富山県にも接しています。

 

その能登半島は、海と山の景色を一度に楽しむことが出来ます。

 

能登半島は「果て」? いいえ。海から見ると重要ポイント

能登半島は、日本海に突き出た「果て」のように見えますが、文化的にも重要な地域。

 

「果て」だと思ってしまうのは、北を上にした地図での思い込みです。

海からの視点では、「果て」どころか、北前船ルートの重要ポイント。

 

その能登半島の海岸線をなぞると、ざっくりですが300kmを超える距離になります。

※のと里山海道を始点に、比美乃江公園展望台付近までの海岸線ルートをGoogleマップで測定

 

そんな能登半島を、今回は石川県エリアを中心に巡りました。

(2018年8月初旬の晴れた暑い日)

 

12時間でぐるっと一周

この旅で利用したレンタカー店舗の営業時間は、

8:00〜20:00

12時間です。

 

朝8:00に金沢を出発して、

夜20:00までに金沢まで戻ってきます。

 

この間に巡ることのできるコースをプランニングしました。

 

金沢発12時間ドライブで行く、能登半島一周コースはこれ!

08:00 金沢駅

金沢駅西口でレンタカーを借りました。

08:50 道の駅 高松サービスエリア (のと里山海道)

のと里山海道に入ると、日本海と砂浜の美しい景色がドンッ!と目に飛び込んできます。

途中のサービスエリアに立ち寄りました。

海を見ながら入ることができる足湯があります。

道の駅高松サービスエリア(のと里山海道)の海の見える足湯

09:10 千里浜なぎさドライブウェイ(今浜口→千里浜I.C.)

日本で唯一、車で波打ち際を走行できる珍しい砂浜

日本で唯一、車で走ることができる砂浜。千里浜なぎさドライブウェイ

【日本で唯一・世界でも3か所だけ波打ち際をドライブ】能登半島一日で一周!
石川県の能登半島には、 日本で唯一・世界でも三か所だけという、 波打ち際を車でドライブできる珍しい砂浜があります。 千里浜なぎさドライブウェイです。 澄んだ海とキレイな砂浜。 そこを車で走るという不思議体験。 動画と写真...

09:45 道の駅 のと千里浜

新しくキレイな施設です。

千里浜の砂で作られた巨大なサンドアートがありました。

道の駅のと千里浜の砂像

11:00 別所スカイデッキ

のと里山海道の途中、別所岳サービスエリアにあります。

七尾湾とそこに浮かぶ能登島を見下ろす景色が一望できる絶景スポット!

能登島の向こう側は立山連邦です。(今回は見えませんでしたが)

別所スカイデッキから七尾湾とそこに浮かぶ能登島を見下ろす景色。

【空中を歩いて七尾湾一望の展望台へ】能登半島一日で一周!
仕事で成果を出しながら、 自分と家族との時間を取り戻す! やっちゃえ!オッサン 吉乃建志です。 日本全都道府県を巡るアラウンド47に取り組んでいます。 能登半島をドライブするなら、立ち寄りたい場所の一つ。 それが、別所岳スカイデ...

11:50 輪島

輪島といえば「朝市」が有名ですが、その市が出ているのは12時頃までのため今回は割愛。

ここで立ち寄ったのは「輪島キリコ館」でした。

輪島には新鮮海鮮もB級グルメもあります。

昼食も輪島で済ませましょう。

輪島キリコ館では、いつでも迫力のキリコを見ることができます。

【ミシュランの二ツ星の魅力、輪島キリコ会館へ】能登半島一日で一周
巨大な燈籠が練り歩く、能登のキリコ祭り。日本遺産にも認定されている古来から受け継がれてきた祭りです。本来は祭りの期間しか見られない幻想的なキリコを、年中見られる場所があります。それが輪島キリコ会館。キリコ祭りの熱狂と迫力を感じましょう。

14:00 白米千枚田

海の際まで迫る棚田

世界農業遺産・日本農業の聖地です。

海の際まで迫る棚田。世界農業遺産・日本農業の聖地です。

【里と海二つの「田」風景:受け継がれてきた棚田と塩田】能登半島一日で一周!
仕事で成果を出しながら、 自分と家族との時間を取り戻す! やっちゃえ!オッサン 吉乃建志です。 日本全都道府県を巡るアラウンド47に取り組んでいます。 奥能登には、二つの「田」の風景があります。 一つは、海に迫る幾何学模様の...

14:30 珠洲

道の駅 すず塩田村

ここの道沿いには、沢山の塩田施設がありました。

道の駅すず塩田村

15:20 見附島

別名「軍艦島」

海に映える、奇景です。

見附島、別名「軍艦島」

【ザ・軍艦島!自然が作った造形、見附島】能登半島一日で一周
日本には沢山の「軍艦島」があります。その中でも能登半島の見附島は、自然の造形ではNo.1。目の前に迫る迫力は、「ザ・軍艦島」だと言いたい。1200年前からの伝承が残り、古くから人々を魅了した景勝地です。その特異な造形を、見に行きましょう。

16:40 ぼら待ちやぐら

この地方独特の、ぼら漁のためのやぐらを見ることができます。

能登半島七尾地方独特のぼら漁のためのやぐら

【海上オブジェか怪鳥の巣か。奇景ぼら待ちやぐら】能登半島一日で一周
七尾湾は、皿に張った水ように穏やか。その海面に、ポンッとかぶせたように建っている物体。それが、ぼら待ちやぐら。まるで、湾を進む多足歩行ロボットのコックピットにも見える姿は、海上オブジェか怪鳥の巣かとも形容される奇景をそこに生んでいます。

17:00 ツインブリッジのと

橋を渡り、能登島へ。

能登島大橋に抜け、再び半島へ戻るコース

ツインブリッジのと

18:45 千里浜なぎさドライブウェイ

気多大社に立ち寄ると日没の時間。

その後、日本海に沈む夕陽を眺めながら旅の締めくくりに黄昏れます。

千里浜の日本海に沈む夕陽

【夕陽文化圏が照らす二千年の社・日本海】能登半島一日で一周
能登半島が最後に見せてくれたのは、雄大で美しい景色でした。「能登半島一日で一周の旅」は、二千年の歴史を重ねた「文化圏」の一つをであろう気多大社と、再び向かったあの場所から水平線に沈む夕陽に浸りながら締めくくります。

19:40 金沢

 

まだまだ魅力は一杯

能登半島には、ここで紹介した場所以外にも魅力たっぷりのスポットが一杯です。

興味や季節に合わせた、あなたなりのプランがあれば教えてください。

楽しもう、能登めぐり。

 

【メルマガ配信中】

周りに流され仕事だらけのあなたが、仕事で成果を出しながら、自分と家族との時間を取り戻す!そんな毎日に変えていく気付きや考え方などをお伝えしています。

メルマガ登録フォーム


メールアドレス

※iCloudメール、使い捨てメール、及び企業アカウントメールは、迷惑メールフィルターでエラーになる確率が高くなります。

GmailやYahooメール等のアドレス、インターネットサービスプロバイダが発行しているメールアドレスでのご登録をおすすめします。


【人生とは時間の使い方】

ミッション:自分が楽しいと思えるコースを、いつでも何度でも走り始められる。誰もが自立して生きていける社会の実現を目指して。

バリュー:無駄な仕事や突然の問題発生、幸せの実現を邪魔する不安や悩みを解決・解消していく。

■吉乃 建志(よしのケンジ)プロフィール■

妻と娘と三人家族/システムエンジニア&サービス企画/40歳過ぎでフルマラソンに挑戦し完走/日本全国巡ることをライフワークに決めた「旅」と「食」を楽しむスキマ旅ブラリスト/本業も副業も成果を出しプライベートも充実できるハイブリッドワーカー

┏ ───────────────── ┓

  吉乃 建志(よしのケンジ)

  やっちゃえオッサン

  Powered by HYBRID WORKER

  <Mail>info@yoshinokenji.com

  <Blog>https://yoshinokenji.com

┗ ───────────────── ┛

コメント