selenium-side-runnerでエラー|ElementClickInterceptedError

ElementClickInterceptedErrorMac

Seleniumをコマンドラインで実行したときのエラーと対応事例です。

 

発生したエラー

selenium-side-runner -c "browserName=chrome" xxxxx.side

※”xxxxx”の箇所は実行するTestSuiteのファイル名

 

しかしエラーが発生。

ElementClickInterceptedError: Element <button id=”xxxxx” class=”yyyyy” name=”zzzzz” type=”button”> is not clickable at point (123,456) because another element <div class=”sssss”> obscures it

※”xxxxx”,”yyyyy”,”zzzzz”,”sssss”の箇所は操作するサイトによって違います。

 

エラーの原因

このエラーでは、button id=”xxxxx”をクリックしようとしたけれど、クリックできなかった。

という意味です。

 

要素<div class=”sssss”>button id=”xxxxx”を覆っているのでクリックできないようです。

ちなみに個の要素ですが、class名に”overlay”という文字列が含まれているために、ロード中画面だろうと推測しました。

 

ロード中画面、くるくる回るこれです。

ロード中

 

エラー解消方法

最初に試したのが、wait for element not visibleコマンドです。

これで要素<div class=”sssss”>が非表示になるのを待機するようにしました。

しかし、エラーは解消しませんでした。

同じエラーが発生します。

 

そこで試したのがpauseコマンドです。

button id=”xxxxx”をクリックする前に、pauseコマンドを挿入しました。

 

Command|Target|Value

pause|30000|

 

無事、エラー解消しました!

 

※なお、上記の解消方法は、操作するサイトにより有効であるかどうかが変わる可能性があります。解消方法の一つとして参考にしてください。

 

 

【メルマガ配信中】

周りに流され仕事だらけのあなたが、仕事で成果を出しながら、自分と家族との時間を取り戻す!そんな毎日に変えていく気付きや考え方などをお伝えしています。

メルマガ登録フォーム


メールアドレス

※iCloudメール、使い捨てメール、及び企業アカウントメールは、迷惑メールフィルターでエラーになる確率が高くなります。

GmailやYahooメール等のアドレス、インターネットサービスプロバイダが発行しているメールアドレスでのご登録をおすすめします。


【人生とは時間の使い方】

ミッション:自分が楽しいと思えるコースを、いつでも何度でも走り始められる。誰もが自立して生きていける社会の実現を目指して。

バリュー:無駄な仕事や突然の問題発生、幸せの実現を邪魔する不安や悩みを解決・解消していく。

■吉乃 建志(よしのケンジ)プロフィール■

妻と娘と三人家族/システムエンジニア/40歳過ぎでフルマラソンに挑戦し完走/日本全国巡ることをライフワークに決めた「旅」と「食」を楽しむスキマ旅ブラリスト/本業も副業も成果を出しプライベートも充実できるハイブリッドワーカー

┏ ───────────────── ┓

  吉乃 建志(よしのケンジ)

  やっちゃえオッサン

  Powered by HYBRID WORKER

  <Mail>info@yoshinokenji.com

  <Blog>https://yoshinokenji.com

┗ ───────────────── ┛

コメント