旅行のかさばる荷物どうする。身軽になって手ぶら観光しよう

旅行のかさばる荷物どうする。身軽になって手ぶら観光しようアラウンド47

仕事で成果を出しながら、 自分と家族との時間を取り戻す!

やっちゃえ!オッサン 吉乃建志です。

日本全都道府県を巡るアラウンド47に取り組んでいます。

 

観光を楽しむには出来るだけ身軽でいたいですよね。

 

でも、旅行では荷物が大きくなりがち。

連泊しながら各地を移動していると余計にそうです。

 

荷物を引きずりながらだと、疲れて足取りも悪くなってしまう。

 

そうならないため上手に使えるサービスがあります。

 

コインロッカーの空きが無くても慌てない!

旅行するとき、大きな荷物をもったまま観光するというのはとても疲れます。

出来れば、どこかに預けて身軽になりたい。

 

そんなとき、通常は駅などのコインロッカーを利用して、荷物を預けます。

でもコインロッカーは現地に着くまで、空きがあるかどうか分からないのがネックです。

 

それにスーツケースが入るような中型、大型のサイズは設置されている数も多くありません。

そのため、現地に到着してコインロッカーを見ると、荷物を入れる空きが無いなんてことも。

 

連休中やお盆時期、年末年始などは特にそうです。

 

そんな時に、コインロッカー以外にも荷物を預けることができるサービスを知っておけば、慌てる必要がありません。

 

手ぶら観光しましょう!

 

荷物を預かってくれるサービス

コインロッカー以外の荷物を預かってくれるサービスは、次のようなものがあります。

(それぞれの荷物預かりサービス内容・料金の詳細は、サービス提供事業者へご確認ください)

 

  1. 観光案内所
  2. 空港・駅の手荷物預かり所
  3. ホテル
  4. 運送業者の手荷物預かりサービス
  5. ecbo cloak
  6. デパート

 

1.観光案内所

観光地の駅には、隣接して観光案内所が設置されていることが多くあります。

その観光案内所では、現地の観光案内の他にレンタサイクルの貸し出し受付や、手荷物の一時預かりをしてくれる場合があります。

 

現地に着いて観光を始める前に、先ず観光案内書に立ち寄るというのが便利かもしれませんね。

 

観光情報を仕入れ、手荷物を預けて身軽になりましょう。

そして、公共交通機関が便利が良くない場所では、観光地をレンタサイクルで効率良くまわる、というのがオススメです。

 

※なお、全ての観光案内所で手荷物一時預かりサービスをしている訳ではありません。必ず、事前に問合せをして荷物を預かってもらえるのかどうか確認しておきましょう。

 

2.空港・駅の手荷物預かり所

大きな駅では、駅自体に手荷物預かり所が設置されている場合があります。大きな荷物だとしても、コインロッカーのように残りの空きがあるかどうかを気にしなくて良いので安心して利用できます。

もちろん、預かることができる荷物の量には限りがあると思いますが、コインロッカーが全て埋まっているような繁忙期でも、僕はこれまで断られた体験はありません。

 

また、預かった荷物を近隣のホテルまで運んでくれるサービスを行っているところもありますので、うまくマッチすれば到着後すぐに手ぶらで観光することもできます。

 

3.ホテル

宿泊するホテルに荷物を預かってもらうという方法もあります。

宿泊中であれば、部屋の中に荷物を置いて観光に出かければ良いのですが、チェックイン前やチェックアウト後はどうすれば良いと思いますか。

 

実は、チェックイン前やチェックアウト後でも宿泊客の荷物を預かってくれるホテルは多くあります。

利用時には、フロントに確認してみましょう。

 

4.運送業者の手荷物預かりサービス

最近では、運送業者が手荷物預かりサービスを行っています。

2020年の東京オリンピック開催を睨んで、インバウンド需要による海外からの観光客を見込んだサービスですね。

 

まだ場所は限られていますが、コインロッカーに入らないような荷物も預かってもらえるため、場所が合えば便利です。

 

ヤマト運輸|手荷物のお預かり

佐川急便|手荷物一時預かり

 

5.ecbo cloak

手荷物一時預かりのサービスを探していると「ecbo cloak」というサービスを見付けました。

これは、既存店舗などの空きスペースを荷物預かり場所として提供することで、店舗側からすると顧客の店舗への誘導と有休スペースの有効活用をしようというサービスです。

 

実際に利用できる場所を検索すると、TSUTAYAや美容室、カフェ、郵便局など様々な場所が見つかります。

利用できる都市はまだまだ限られて居るようですが、このスキームが成功すればもっと広がっていく可能性を感じます。

 

スマホからの事前予約やクレジットカード決済にも対応しています。

料金も1日300円から500円と、コインロッカーと同程度に設定されています。

 

ecbo cloak

 

6.デパート

もし、観光途中にショッピングをしたい場合には、デパートのサービスカウンターで荷物を預かってもらえる場合があります。

基本的に、そのデパートでの買い物中だけの預かりにはなりますが、お土産をゆっくり選びたい場合などに重宝します。

 

手ぶら観光のすすめ

手ぶら観光については、こちらのサイトの記事も参考になります。

 

“手ぶら観光”のすすめ。邪魔な荷物は預ける!送る!| Japan’s Travel Manual

手ぶら観光の推進|国土交通省

 

旅を楽しむ達人になろう

いかがでしょうか。

コインロッカーの他にも、意外に手荷物を預かってくれるサービスは多く存在しています。

 

旅行するのに荷物はかさばるものですが、観光を楽しむ時には大きな荷物は不要です。

 

色々なサービスを上手に使って、旅を楽しむ達人になりましょう。

 

旅に行く時間ありますか?

ということで、旅に出たり趣味を充実させるには、自分の時間が必要ですね。

 

でも、もしあなたに、

「普段から周りに流され仕事だらけ。時間の余裕もないんだよな」

という悩みがあるとしたら。

そんな今を変えるためのヒントをメルマガで発信中。

 

【メルマガ配信中】

周りに流され仕事だらけのあなたが、仕事で成果を出しながら、自分と家族との時間を取り戻す!そんな毎日に変えていく気付きや考え方などをお伝えしています。

メルマガ登録フォーム


メールアドレス

※iCloudメール、使い捨てメール、及び企業アカウントメールは、迷惑メールフィルターでエラーになる確率が高くなります。

GmailやYahooメール等のアドレス、インターネットサービスプロバイダが発行しているメールアドレスでのご登録をおすすめします。


【人生とは時間の使い方】

ミッション:自分が楽しいと思えるコースを、いつでも何度でも走り始められる。誰もが自立して生きていける社会の実現を目指して。

バリュー:無駄な仕事や突然の問題発生、幸せの実現を邪魔する不安や悩みを解決・解消していく。

■吉乃 建志(よしのケンジ)プロフィール■

妻と娘と三人家族/システムエンジニア&サービス企画/40歳過ぎでフルマラソンに挑戦し完走/日本全国巡ることをライフワークに決めた「旅」と「食」を楽しむスキマ旅ブラリスト/本業も副業も成果を出しプライベートも充実できるハイブリッドワーカー

┏ ───────────────── ┓

  吉乃 建志(よしのケンジ)

  やっちゃえオッサン

  Powered by HYBRID WORKER

  <Mail>info@yoshinokenji.com

  <Blog>https://yoshinokenji.com

┗ ───────────────── ┛

コメント