仕事効率化

仕事は7割で手放せは上手くいく。レバレッジを効かせよう!

最近、仕事で心がけていることがあります。それは、「7割パス」つまり、およそ7割仕上がった時点で、依頼した人や次の工程の人に一度渡してしまうということ。これが、チーム全体の仕事が早く進み、なおかつ仕事の質もあがる秘訣なんです。
問題解決

問題を解決しないという選択肢3つのケース

問題を認識したとき、何が何でも解決しようとしていませんか。 でも、その問題が解決しなくても良い問題だとしたら。 問題と認識してるのに、解決しないのは間違ってるんじゃないの?と思ったあなた。 思い込みのワナにはまっているのかも・・・ 解決しなくても良い問題とは何か? 3つのケースがあります。
人工知能

AI(人工知能)は本当に人間の仕事を奪ってしまうのか?

ニュースやネットでは昨今、AIやロボットが人間の仕事を奪ってしまうという話題が多く出ています。でも本当にAIは人間の仕事を「奪って」しまうのでしょうか?実は奪われるのではなく、求められる仕事の質が変化していくだけなのでは無いか。
悩み無用

「安定」とは?変わらないことがもたらす不安定さのリスク

安定って憧れます?例えば大企業に就職したから安定例えばマンション経営で不労所得を得てるから安定例えば親の遺産で暮らしてるから安定羨ましいですよね。でもこれって、実はとても不安定な状態かもしれません・・・その訳とは何だと思いますか?
悩み無用

仕事、増えてアップアップ!抱えすぎで不安!解消するために

平準的に仕事をコントロールできれば理想的ですが、相手がある仕事だとそううまくいかないことも多いものです。そんな時あなたは、どんな仕事から手を付けてますか。目に付いた仕事「急いでやって」と言われた仕事締め切りが迫ってる仕事重要そうな仕事難易度が高く不安な仕事でも、ちょっと待って。その仕事に手を付ける前に、やってほしいことがあります。
人工知能

あなたの仕事が14年後に消滅?それを避ける唯一の方法

2030年といえばまだまだ先の様ですが14年後です。あなたは幾つになっていますか?そのときに、あなたが今やっている仕事が既に無くなっているとしたら。その年齢のとき、もうあなたは働く必要が無くなっていると言い切れますか?そして、消滅を避けるため打てる方法は唯一つだけです。
仕事効率化

時間を一気にショートカットする一つの方法

人間は失敗したり、模索したりして、正しいやり方というのを徐々に覚えていきます。それには紆余曲折し、時間が掛かってしまいます。でも、その時間をショートカットし、少しでも早く正しいやり方に近づく方法があるんです。どんな方法だと思いますか?
問題解決

「問題」の発生自体を抑えることができる、たった1つの方法

問題は望むと望まないとに関わらず、発生してしまいます。でも、問題の発生自体を抑えることができれば。または、発生しても軽いものに留まらせることができれば。どんなに良いことだと思いませんか。あるんです、そうできる方法が。私たちもよく知っている、あれと一緒です。
問題解決

問題を減らすための問題管理!必要なのは1アクション2ポイント

問題はうまく管理すれば減らしていくことが可能です。しかし管理の仕方を間違えると減るどころかもっと増えてしまうかもしれません。では、どの様に問題を管理していけばよいのでしょうか。問題を減らしていくために必要なこと。それは問題に対して1アクションを実行し、2ポイントの視点で捉えることです。
仕事効率化

残業時間を減らして自分の時間を充実させる4つのケーススタディ

残業時間を減らしてもっと自分の時間を充実させたくないですか?あなたは月に何時間残業をしているでしょう。40時間?60時間?80時間?連日深夜まで?僕が実践しチームの残業時間を年間9,600時間減らした4つのケーススタディを紹介します。