selenium-side-runnerのオプション一覧

selenium-side-runnerオプション一覧Selenium

selenium-side-runnerを実行するときのオプションを記載します。

 

selenium-side-runnerのオプション一覧

コマンドラインでオプション無しで実行するとオプションも表示されますが、備忘も兼ねて書いておきます。

 

オプションを表示する

selenium-side-runner

 

コマンドの書き方

selenium-side-runner [options] project.side [project.side] [*.side]

 

オプション

 

-V

-V, –version                      output the version number

バージョン番号の出力

 

-c

-c, –capabilities [list]          Webdriver capabilities

ウェブドライバーの機能

 

記述例(Chromeの場合)

-c “browserName=chrome”

 

記述例(Firefoxの場合)

-c “browserName=firefox”

 

-s

-s, –server [url]                 Webdriver remote server

Webdriverのリモートサーバー

 

-p

-p, –params [list]                General parameters

一般的なパラメータ

 

-f

-f, –filter [string]              Run suites matching name

名前に一致するスイートの実行

 

-w

-w, –max-workers [number]         Maximum amount of workers that will run your tests, defaults to number of cores

テストを実行するワーカーの最大数、デフォルトはコア数

 

–base-url

–base-url [url]                   Override the base URL that was set in the IDE

IDEで設定したベースURLをオーバーライドする

 

–timeout

–timeout [number | undefined]     The maximimum amount of time, in milliseconds, to spend attempting to locate an element. (default: 15000)

要素の検索を試みる際の最大時間をミリ秒単位で指定します。(デフォルト: 15000)

 

–proxy-type

–proxy-type [type]                Type of proxy to use (one of: direct, manual, pac, socks, system)

使用するプロキシの種類(direct、manual、pac、socks、systemのいずれか)

 

–proxy-options

–proxy-options [list]             Proxy options to pass, for use with manual, pac and socks proxies

手動、pac、socks プロキシで使用するために渡すプロキシオプション

 

–config, –config-file

–config, –config-file [filepath] Use specified YAML file for configuration. (default: .side.yml)

指定されたYAMLファイルを設定に使用します。(デフォルト: .side.yml)

 

–output-directory

–output-directory [directory]     Write test results to files, format is defined by –output-format

テスト結果をファイルに書き出す。フォーマットは –output-format で定義される。

 

–output-format

–output-format [jest | junit]     Format for the output. (default: jest)

出力のフォーマットです。(デフォルト: jest)

 

–force

–force                            Forcibly run the project, regardless of project’s version

プロジェクトのバージョンに関係なく、強制的にプロジェクトを実行する

 

–debug

–debug                            Print debug logs

デバッグログの出力

 

-h, –help

-h, –help                         output usage information

使用情報の出力

 

【メルマガ配信中】

周りに流され仕事だらけのあなたが、仕事で成果を出しながら、自分と家族との時間を取り戻す!そんな毎日に変えていく気付きや考え方などをお伝えしています。

メルマガ登録フォーム


メールアドレス

※iCloudメール、使い捨てメール、及び企業アカウントメールは、迷惑メールフィルターでエラーになる確率が高くなります。

GmailやYahooメール等のアドレス、インターネットサービスプロバイダが発行しているメールアドレスでのご登録をおすすめします。


【人生とは時間の使い方】

ミッション:自分が楽しいと思えるコースを、いつでも何度でも走り始められる。誰もが自立して生きていける社会の実現を目指して。

バリュー:無駄な仕事や突然の問題発生、幸せの実現を邪魔する不安や悩みを解決・解消していく。

■吉乃 建志(よしのケンジ)プロフィール■

妻と娘と三人家族/システムエンジニア/40歳過ぎでフルマラソンに挑戦し完走/日本全国巡ることをライフワークに決めた「旅」と「食」を楽しむスキマ旅ブラリスト/本業も副業も成果を出しプライベートも充実できるハイブリッドワーカー

┏ ───────────────── ┓

  吉乃 建志(よしのケンジ)

  やっちゃえオッサン

  Powered by HYBRID WORKER

  <Mail>info@yoshinokenji.com

  <Blog>https://yoshinokenji.com

┗ ───────────────── ┛

コメント