富士山の絶景ビューポイントをゆっくり楽しむ3つのポイント

山梨で富士山を眺めるならここ新倉山浅間公園アラウンド47

仕事で成果を出しながら、 自分と家族との時間を取り戻す!

やっちゃえ!オッサン 吉乃建志です。

日本全都道府県を巡るアラウンド47に取り組んでいます。

 

山梨で富士山を眺めるなら、是非ここ!

という絶景ビューポイントがあります。

 

それが、新倉山浅間公園

有名なのは、桜の季節です。

 

でも、ちょっとだけ時期をずらしてみる。

そうすると、また違った景色をゆっくり堪能できますよ。

 

新倉山浅間公園

新倉山浅間公園は富士吉田市にあります。

 

今回は、中央道を使い、河口湖ICから一般道に降り向かいました。

河口湖ICからは、車で約15分です。

 

ここの公園の展望デッキから見える景色。

 

喘ぎ喘ぎ息を切らして登った先

待っているのは

誰も皆「おーっ!」

思わず声を出してしまう

苦しさの先に開ける展望です。

 

渋滞なしの特異日

今年はゴールデンウィーク10連休!

でしたが、行ったのはその翌週の土曜日(2019年5月11日)。

 

実はこのゴールデンウィーク明けの週末、渋滞なしの特異日なんです。

 

実際に、東京からここまで、渋滞ゼロで到着しました。

 

絶景ポイントまでのコースは2つ

公園の麓には駐車場が用意されています。

駐車場に車を停め、最初の階段を登ると新倉富士浅間神社があります。

 

ここから絶景ビューポイントまではひたすら坂を登っていきます。

 

コースは2つ

一つは、グネグネとした坂道コース

もうひとつは、真っ直ぐ続く階段コース

新倉山浅間公園の上まで続くキツい階段

 

当然、坂道コースの方が距離が長くなります。

階段コースの方が短い距離で、上までたどり着くことができます。

 

おすすめのコースはどっち?

でも、僕のおすすめは坂道コースです。

 

その理由は、登ってきた人の表情の違いから。

明らかに、階段を登ってきた人の方が、坂を登ってきた人よりもキツそうな表情をしていました。

 

よほど足に自信が無い限り、ここは素直に、坂コースを使いましょう。

 

絶景までもう一息

さて、階段か坂を登り切ると目の前に五重塔が現れます。

忠魂塔です。

 

実は、この塔が絶景を見せるのに一役買っています。

 

絶景まで、もう一息。

 

忠魂塔の横の坂を登ります。

ここからは富士吉田の街並みのパノラマ風景が!

新倉山浅間公園から眺める富士吉田市のパノラマ景色

 

ここを、左に一折れ。

 

その先が展望デッキです!

あまり広くはないので、譲り合いながら眺めるようにしましょう。

新倉山浅間公園の絶景ビューポイント

 

富士山、青空、塔の赤

そして松の枝を額縁として配置

 

あらためて、富士山に注目。

農鳥」です!

新倉山浅間公園から見た富士山に現れた農鳥

 

この鳥の雪形模様が「農鳥」です。

富士山の農鳥

 

富士五湖地域では、「農鳥」が農作業を始める季節だということを報せる印しになっているそうです。

富士山の鳥「農鳥」ってどんな鳥?|#Fuji,CanGo

 

下りは

さて、景色を楽しんだ後は、駐車場まで下っていきます。

 

帰り道は、坂?階段?

ここは、迷わず階段で行きましょう。

 

理由は、単純に距離が短くなるから。

 

階段を下りながら、目の前に見えるのは新緑の紅葉。

新倉山浅間公園の階段を下りながら新緑の紅葉が目に入る

 

きっと、紅葉の季節も素晴らしい景色が広がるのでしょうね。

 

3つのポイント

さて、今回の3つのポイント

  1. 渋滞を避ける。渋滞なしの特異日を選んですいすい到着。
  2. 坂道コースで登る。景色を見るまで体力温存です。
  3. 構図を選ぼう。富士山を囲んで、青空、赤い塔、緑の松を配置。

 

さあ、やっちゃいましょう!

【猿橋】ちょっとマニアックな視点で武田氏の歴史を辿る山梨
5月のゴールデンウィーク明けの週末。高速道路も空いている渋滞知らずタイミング。東京からちょっと足を伸ばして山梨へスキマ旅です。今回は、戦国武田氏の歴史を辿るをテーマに、ちょっとマニアックな視点で見つけた場所をご紹介します。
【甲斐善光寺】ちょっとマニアックな視点で武田氏の歴史を辿る山梨
5月のゴールデンウィーク明けの週末。高速道路も空いている渋滞知らずタイミング。東京からちょっと足を伸ばして山梨へスキマ旅です。今回は戦国武田氏の歴史を辿るをテーマに、甲府市の甲斐善光寺にやってきました。
【武田神社】ちょっとマニアックな視点で武田氏の歴史を辿る山梨
5月のゴールデンウィーク明けの週末。高速道路も空いている渋滞知らずタイミング。東京からちょっと足を伸ばして山梨へスキマ旅です。今回は戦国武田氏の歴史を辿るをテーマに、甲府市の武田神社にやってきました。
【信玄堤】ちょっとマニアックな視点で武田氏の歴史を辿る山梨
日本全都道府県を巡るアラウンド47に取り組んでいます。5月のゴールデンウィーク明けの週末。高速道路も空いている渋滞知らずタイミング。東京からちょっと足を伸ばして山梨へスキマ旅です。今回は戦国武田氏の歴史を辿るをテーマに、甲斐市の信玄堤にやってきました。

 

【メルマガ配信中】

周りに流され仕事だらけのあなたが、仕事で成果を出しながら、自分と家族との時間を取り戻す!そんな毎日に変えていく気付きや考え方などをお伝えしています。

メルマガ登録フォーム


メールアドレス

※iCloudメール、使い捨てメール、及び企業アカウントメールは、迷惑メールフィルターでエラーになる確率が高くなります。

GmailやYahooメール等のアドレス、インターネットサービスプロバイダが発行しているメールアドレスでのご登録をおすすめします。


【人生とは時間の使い方】

ミッション:自分が楽しいと思えるコースを、いつでも何度でも走り始められる。誰もが自立して生きていける社会の実現を目指して。

バリュー:無駄な仕事や突然の問題発生、幸せの実現を邪魔する不安や悩みを解決・解消していく。

■吉乃 建志(よしのケンジ)プロフィール■

妻と娘と三人家族/システムエンジニア&サービス企画/40歳過ぎでフルマラソンに挑戦し完走/日本全国巡ることをライフワークに決めた「旅」と「食」を楽しむスキマ旅ブラリスト/本業も副業も成果を出しプライベートも充実できるハイブリッドワーカー

┏ ───────────────── ┓

  吉乃 建志(よしのケンジ)

  やっちゃえオッサン

  Powered by HYBRID WORKER

  <Mail>info@yoshinokenji.com

  <Blog>https://yoshinokenji.com

┗ ───────────────── ┛

コメント