ずっと心配だった仕事の不安解消。不安の種を取り除く3ポイント

自ら不安の種を育てている

仕事での不安を抱え、夜も眠れない毎日を過ごしていませんか。

その理由は、新しい仕事への不安、将来への不安、ミスが怖いなど様々な不安の種が潜んでるせいです。

不安の種を取り除いて、不安解消するためには3つのポイントがあります。

不安や悩み

まず考えて下さい。

あなたが仕事で抱えている不安や悩みは、この中にありませんか。

  • 毎日、急な仕事に振り回されている
  • 他人の仕事が割り込んできて、自分の仕事がはかどらない
  • そのため残業になり、いつも帰りが遅くなる
  • 10年後、年を重ねても今のまま良くならないのでは無いかと思ってしまう
  • 他人の評価ばかり気になる
  • 自分の仕事が理解されない
  • 将来のキャリアが不安だけど、何から手を付けていいか分からない

いかがでしょう?

「一つでも当てはまるものがあった」というあなたは、これから紹介する方法で不安を解消できます。

不安解消3つのポイント

抱えている不安を解消するにはどうすればよいのでしょうか。

  • 気持ちを切り替えてリフレッシュする?
  • 考え方を変えてポジティブ思考になる?
  • 仕事だと割り切ってしまう?

残念ながら、これでは不安は解消しません
もし一時的に良い気分になっても、後から再び不安が襲ってくることでしょう。

必要なのは3つのポイントです。

  1. 予防
  2. 位置確認
  3. 一歩前へ

これらを行うことで、仕事での不安を解消することができるのです。

どうして不安があるのか

ここで、どうして不安があるのか考えてみましょう。

不安とは何かが気がかりで落ち着かない状態ですね。

その「何か」が仕事では、

  • 「予定外のことが起こるのでは無いか」という状態
  • 「何を目指し、どこに進んでいるのか見えていない」という状態

だと言えます。

そして、

  • この状態を変えることができずに「悩んで」ばかりいる

これが不安を生む「不安の種」です。

どうすれば良いのか

逆にこの不安の種を取り除ければ、不安は解消します。

先ほど挙げた不安の種を解消する3つのポイントを思い出して下さい。

  1. 予防
  2. 位置確認
  3. 一歩前へ

です。

1.予防

「予定外のことが起こるのでは無いか」というのは、仕事をコントロールできていない状態です。

つまり計画していたこと以外の仕事が、予定外に常に発生してしまう可能性がある状態です。

特に緊急のトラブルが発生してしまうリスクが高いと、計画外の仕事に予定を乱されてしまう可能性が高くなります。

この状態を変えるには、トラブル発生を予防する、もしくはトラブルの予防が難しくても、トラブル発生を想定した対応を事前に考えておくことです。

それによりトラブルが発生しても、仕事をコントロールできる状態に持って行くことができます。

具体的には次のことを行います。

トラブル予防リスト作成の対応5つ

  1. トラブルを起こすと想定されるリスクの洗い出し
  2. リスクによって引き起こされるトラブルの重要度・影響範囲を想定
  3. リスクの発生ポイントを特定
  4. リスク解消のための対応を考える
  5. リスク解消方法がない場合は、トラブル発生時の対応方法を考える

この「トラブル対応リスト」の重要度が高く、影響範囲の広いものからリスク解消の対応を行っていくことでトラブルの発生自体を予防することが可能となります。

つまりは、仕事をコントロールできるようになるということです。

2.位置確認

「何を目指し、どこに進んでいるのか見えていない」というのは、位置が掴めていない状態だといえます。

位置が掴めない原因は2つあります。

1つ目は目指すべき目標がない場合、
2つ目は測るべき基準がない場合です。

従って、まず目指すべき目標を設定することが必要です。

漠然とした中では進む方向も定まらず、あちこちに意識が向いてしまいます。

そして時間を費やしてしまう割には、何の結果も残らないという状況に陥ってしまうのです。

目標をしっかり定め、できるだけ最短距離で向かうことができれば、同じ時間を過ごしたとしても得られる成果は大きく違ってくるのです。

3.一歩前へ

不安になっている人は、不安に縛られてしまうために右にも左にも進めない状態になってしまいます。

この悩んでばかりいる状態では、時間はどんどん過ぎていきますが、実際に行動に移せていないため何の状況も変えることができません

考えてみて下さい。

あなたの頭の中で悩んでいても、あなたの周りの世界には1ミリも影響を与えることは無いのです。

あなたの周りの世界を変えるには、ほんの少しでもいいので一歩踏み出して、周りの世界に影響を与える行動をすることが必要なのです。

ただし、その行動は闇雲に行っても結果につながりません。

さきほどの「予防」と「位置確認」で見定めたことに向かって進んで行くようにしましょう。

「今のまま変わらない」じゃなくて「今から変える」んです。

まとめ

不安の種は、何が起こるか分からない、どこに居るのか分からないときに潜んでいます。

そして、その状況を変えられないと悩んでばかりいると不安が成長してしまいます。

その不安の種を解消するためには、
予定外に起こるトラブルを予防し、
目標をしっかり定めて位置確認しながら、
一歩ずつ前へ進んでいく行動を取ることが重要です。

あなたも不安の種を育てないように、解消していきましょう。