時間の使い方

価値観

仕事と家族大事なのは。あなたの代わりの誰かはいない

家族の介護が必要になったとき、仕事と家族とどちらを優先しますか。そんな状況になったとしたら、迷いますよね。きっと惑いますよね。実際は、仕事と家族のどちらかなんて選ぶこと出来ないと思います。だって、どちらも大事。だからこそ間違わないで欲しい。
チャレンジ45

ブログが書けない悩みを解消。実践!毎日書ける3ポイント

ブログを毎日発信したいけど出来ない。そんな悩みをお持ちではないですか。僕は先日10日連続ブログ更新にチャレンジしました。そして気付きました。ブログを毎日書くにはちょっとしたコツがあると。そのポイントを押さえると、きっとあなたにも出来ますよ。
価値観

「分かり合えてる」つもりは危険。パートナーにこそしっかり伝えよう

妻やパートナーとは分かり合えていますか。いつも一緒にいる、または家族で同じ価値感なんだから大丈夫と思っていたら実は危険かも。分かり合えてるつもりでも、相手は不安をくすぶらせているかもしれません。妻やパートナーにこそ大事な事はしっかり伝えましょう。
価値観

「これがオレの人生だ」自信を持って誇れるようになる人生の作り方

もし、やりたいことがあるのに、躊躇してしまう。その時に頭に浮かぶセリフが、「普通はやらないよな」「年齢じゃ遅いよな」「人目が気になるし」こんなことだったとしたら。もう一度、自分に聞いて見てほしい。「やる?」「やれよ!」「やっちゃえ」この言葉に一歩踏み出したくなるんだったら、やってみた方がいいかもしれません。
価値観

伝える言葉「ありがとう」感謝で受け取り築く妻との関係

あなたが奥さん・パートナーに何かをしてもらったときを思い出してください。なんて言葉を伝えてますか。言葉一つでその行為を拒絶することにもなり、受け入れることにもなります。せっかく相手がしてくれた行為は感謝で受け取りましょう。
アラウンド47

【夕陽文化圏が照らす二千年の社・日本海】能登半島一日で一周

能登半島が最後に見せてくれたのは、雄大で美しい景色でした。「能登半島一日で一周の旅」は、二千年の歴史を重ねた「文化圏」の一つをであろう気多大社と、再び向かったあの場所から水平線に沈む夕陽に浸りながら締めくくります。
アラウンド47

【海上オブジェか怪鳥の巣か。奇景ぼら待ちやぐら】能登半島一日で一周

七尾湾は、皿に張った水ように穏やか。その海面に、ポンッとかぶせたように建っている物体。それが、ぼら待ちやぐら。まるで、湾を進む多足歩行ロボットのコックピットにも見える姿は、海上オブジェか怪鳥の巣かとも形容される奇景をそこに生んでいます。
アラウンド47

ホヤの魅力(味力)を発見。仙台の夜をホヤ専門料理で堪能

仙台で見つけたホヤ料理専門店。そこで、新たにホヤの魅力を発見しました。味力(みりょく)と言ってもいいでしょう。仕事でも旅行でも、訪れた先で美味しいもの味わいたいですよね。今回は、仙台でご当地の味と酒をたっぷりと堪能しました。
アラウンド47

【ザ・軍艦島!自然が作った造形、見附島】能登半島一日で一周

日本には沢山の「軍艦島」があります。その中でも能登半島の見附島は、自然の造形ではNo.1。目の前に迫る迫力は、「ザ・軍艦島」だと言いたい。1200年前からの伝承が残り、古くから人々を魅了した景勝地です。その特異な造形を、見に行きましょう。
アラウンド47

【里と海二つの「田」風景:受け継がれてきた棚田と塩田】能登半島一日で一周!

奥能登には、二つの「田」の風景があります。 一つは、海に迫る幾何学模様の「棚田」。 もうひとつは、日本で唯一揚げ浜式製塩が受け継がれてきた「塩田」。 里山里海の恵みと共に、人の営みの歴史を感じることが出来る。 絶好のドライブ...