問題を解決しないという選択肢3つのケース

やみくもに進めようとするだけでは無く一度立ち止まって考えよう

問題を認識したとき、何が何でも解決しようとしていませんか。

でも、その問題が解決しなくても良い問題だとしたら。

問題と認識してるのに、解決しないのは間違ってるんじゃないの?と思ったあなた。
思い込みのワナにはまっているのかも・・・

解決しなくても良い問題とは何か?
3つのケースがあります。

『人生を自分のコースに取り戻す「やっちゃえオッサン!48」プロジェクト』よしのケンジです。

人生を自分のコースに取り戻すためにも、抱えている問題を減らして行きたいものです。
でも闇雲に問題解決に手と付けていると、時間がいくらあっても足らないかも。

解決しなくても、解消できる問題を上手く見極めて、自分が楽しいと思えるコースを走り始めるために時間を使いましょう。

1.優先度が低い

まずひとつ目は、問題管理のマトリックスに当てはめたとき、最も優先度が低いエリアに存在するものです。

(問題管理のマトリックスはこちらを参照ください)

問題を減らすための問題管理!必要なのは1アクション2ポイント
問題はうまく管理すれば減らしていくことが可能です。しかし管理の仕方を間違えると減るどころかもっと増えてしまうかもしれません。では、どの様に問題を管理していけばよいのでしょうか。問題を減らしていくために必要なこと。それは問題に対して1アクションを実行し、2ポイントの視点で捉えることです。

つまり、重要度も、緊急度も、どちらも低いケースです。

これは、問題が発生した場合の影響度が低く、対応するリソースの消費量を考えると割に合わないため、敢えてその問題発生のリスクを許容するということです。

問題発生した際のリカバリーが簡単な場合も、これに当てはまると考えてよいでしょう。

2.間接的に解消

次にふたつ目は、別の問題を解決することで解消されてしまう問題です。

これに該当する場合ということは、実は問題分析が浅く、本質的な問題の原因にたどり着けていなかった可能性があります。

したがって本質的には、問題分析プロセスのやり方を見直す必要があります。

3.問題が消える

最後に3つ目です。

これは環境が変わり、問題が問題ではなくなったケース。
環境の変化により、問題が発生する前提がなくなったケースです。

また、別のやり方に変わった結果、問題発生原因となる業務フローを通らなくなるケースも、この中に含まれると考えてよいでしょう。

したがって、環境や業務フローが、変わる場合には、問題管理されている対象を再評価すべきです。

まとめ

問題管理されている対象は必ず何らかの対応を行い解決すべき、だとは限りません。

今回挙げた、「解決しない」ということも選択肢に含め、全体として最適な対応を選んでいくべきなのです。