劣等感の悩み解消。そのために止める1つのこと変える1つのこと

他人と自身を比べると劣等感が生まれる。それって高いの?低いの?

あなたは劣等感を持って落ち込んでしまうこと、ありませんか?
劣等感のため自信が無くなり、悩んで何も手に付かなくなってしまうこととか。

そんな劣等感の悩み解消したいですよね。

劣等感は、あることを止めて、あることを変えると解消できます。

スポンサーリンク

劣等感が生まれる理由

劣等感はなぜ生まれるのでしょうか?

劣等感は他人と比べて、劣っていると感じてしまう感情です。

つまり、他人との比較によって生まれるのです。

劣等感があるということは、他人と自身を比べた時に、足りない部分というマイナス面にフォーカスしてしまっている状態だといえます。

まず足りない部分にフォーカスすることを止めましょう。

そしてマイナスに感じていることを、プラスに変えることで劣等感を解消することができます。

マイナスをプラスに変える

マイナスをプラスに変えるって?
いったいどういうことなんだろう?とおもいましたか。

マイナスに感じるというのはあなたの解釈です。

背が低いのは格好悪くない

例えば、あなたが他人に比べて背が低かったとしましょう。

あなたは背が低い自分のことを「背が低くて格好悪い」と思ってしまいます。

でも、あるひとはあなたのことを「小柄で可愛い」と思っているかもしれません。

つまり、誰かと比べて身長が低いという事実に対して、
背が低い」という解釈と
小柄で可愛い」という異なる解釈が存在すると言うことです。

そうであれば、わざわざ自身がマイナスの解釈をする必要って無いですよね。

つまり一面的な解釈で自分を苦しめる必要は無いのです。

一番の関心事は自分自身

それに自分が気にするほど
他人はあなたのことを気にしていない」のですよ。

自分のことを一番気に掛けるのは自分自身である

あなたも一番の関心事は自分自身のことではないですか?

他人の目を気にし過ぎて、自分の評価を低くすることは全く必要無いことです。

アドラー心理学では次のように言います。

人間の悩みは全て対人関係の悩みである

他人との比較を過度にし過ぎるために、不必要な劣等感が生まれてしまうといえるのでは無いでしょうか。

劣等感の悩みを生み出すのはあなた

劣等感による悩みは、先ほどの例で言うと「背が低い」という事実から生まれているものではありません。

「背が低くて格好悪い」という解釈によって生まれる悩みです。

そして、その悩みを生み出しているのは他でも無いあなた自身なのです。

そうであるなら、あなた自身が足りない部分にフォーカスすることを止めれば、苦しみから解消される。そう思いませんか。

「背が低い」という事実は変えることができません。

しかし「格好悪い」と解釈するか、他の解釈をして例えば「小さくて可愛い」と解釈するかは変えることができます。

どう解釈するかは、あなたの自由なのですから。

劣等感の悩みを解消するために

まず他の誰でも無い、あなたがあなた自身を肯定しましょう。

自己肯定感を高めましょう。

それが劣等感を解消する第一歩です。

他人に理想を求めない

更に言うと劣等感は他人との比較によって生まれる感情です。

でもこれって他人に理想の状態を求めているってことですよね。

例えば背の高い人と比べて、「あの人みたいに背が高ければ良いな」と考えてしまうことから劣等感を生み出してしまう。

でもね、どうありたいかという理想の状態を決めるのはあなた自身です。

その「あり方」を他人に委ねてしまうことは、とてももったいないと思いませんか。

あなたの「あり方」はあなた自身が決めて良いんです!

そうすれば、劣等感なんか感じる必要は無くなります。

劣等感は解消される

劣等感を解消するために、まず事実だけに注目しましょう

そして理想の状態である「あり方」を、あなた基準であなた自身が決めてください。

もし事実に対してマイナスの解釈をしてしまったら、それをプラスの解釈に変換しましょう。
解釈の仕方は、あなたが変えられることができます。

そして理想を自分基準で決めることによって、他人と比較する必要は無くなります。

そうすれば劣等感は解消されます。