会話のキャッチボール。ちゃんと相手を見てしている?

しっかりと相手を見て会話しよう 価値観

仕事で成果を出しながら、 自分と家族との時間を取り戻す!

やっちゃえ!オッサン 吉乃建志です。

 

会話をするとき相手に話しを伝えたいですよね。

そうだとしたら

あなたには、絶対に忘れてほしくないことがあります。

それは、話しを伝えるのは、あなただとしても、話しを受け取るのは、相手だということ。

 

会話とは、一人だけで成立するものではありません。

 

先日のこと

先日、とても頭の切れる方と打合せをしました。

その方は、短時間に、沢山の言葉と、沢山の数字を発しながら極めて中身の濃い発言を、畳みかけるように続けます。

 

さて、僕はというと・・・

残念ながらその話の半分も頭に入ってきません。

むしろ、言葉のマシンガンに打ち晒され、ボー然とした気分でした。

 

剛速球は受け取れない

なぜ、その様な事になったのか。

 

相手の方は、自分のスピードで一方的に話すだけ。

僕は普通の人なので、とてもじゃありませんが、そのスピードを受け止めることができません。

 

まるで剛速球を浴びせられたように。

この打合せで、あらためて気づいたこと。

それは、会話とは比喩では無く「キャッチボールであるということです。

 

会話のキャッチボール

キャッチボールのときに、相手の力量に合わせず目一杯のスピードで、次々と投げても相手は受け取れません。

 

  • 早さ
  • テンポ
  • 使う言葉

 

お互いが相手を見て、合わせていく必要があります。

そうすることで初めて、キャッチボールが続く。

 

そこを無視して、一方的に投げつけるだけでは自己満足で終わってしまいます。

 

相手をしっかり見よう

伝えるのはあなた

受け取るのは相手

 

あなたは、相手が受け捕れるボールを投げる。

 

相手が投げたら、あなたはボールをしっかり見てキャッチする。

 

会話はキャッチボール

もう一度この意味を考えて、相手に伝えるようにしませんか。

 

さあ、やっちゃいましょう!

 

【メルマガ配信中】

周りに流され仕事だらけのあなたが、仕事で成果を出しながら、自分と家族との時間を取り戻す!そんな毎日に変えていく気付きや考え方などをお伝えしています。

メルマガ登録フォーム


メールアドレス

※iCloudメール、使い捨てメール、及び企業アカウントメールは、迷惑メールフィルターでエラーになる確率が高くなります。

GmailやYahooメール等のアドレス、インターネットサービスプロバイダが発行しているメールアドレスでのご登録をおすすめします。


【人生とは時間の使い方】

ミッション:自分が楽しいと思えるコースを、いつでも何度でも走り始められる。誰もが自立して生きていける社会の実現を目指して。

バリュー:無駄な仕事や突然の問題発生、幸せの実現を邪魔する不安や悩みを解決・解消していく。

■吉乃 建志(よしのケンジ)プロフィール■

妻と娘と三人家族/システムエンジニア&サービス企画/40歳過ぎでフルマラソンに挑戦し完走/日本全国巡ることをライフワークに決めた「旅」と「食」を楽しむスキマ旅ブラリスト/本業も副業も成果を出しプライベートも充実できるハイブリッドワーカー

┏ ───────────────── ┓

  吉乃 建志(よしのケンジ)

  やっちゃえオッサン

  Powered by HYBRID WORKER

  <Mail>info@yoshinokenji.com

  <Blog>https://yoshinokenji.com

┗ ───────────────── ┛

コメント