幸せはやってこない。でも簡単に人生を幸せにする方法とは

幸せである方法

もしあなたが、自分は不幸だ。いつか幸せになりたい。

でも幸せになる方法が分からない。

年齢だけ重ねてしまった。

残りの人生は幸せに過ごしたい。

と思っているなら。

今の自分が人生で最高に幸せだと気付き、不満があれば自分を変えることで幸せになれます。

「幸せである」ために

幸せは作ることができます。

そのためには、まず3つのことを理解しましょう。

  1. 現実を正しく認識する
  2. 今の自分は最高に幸せだと気付く
  3. 他人と過去に心を煩わされない。不満があれば未来のために自分を変える。

そうすれば、頑張って「幸せになる」ことを目指さなくても、「幸せである」状態でいられるようになります。

幸せはやってこない。だって幸せは見つけるものだから

有名な「三百六十五歩のマーチ」の歌詞にもあるように、

「幸せ」が歩いてくることはありません。

大切なのは、自分から幸せな状態を作り出すことです。

でも勘違いして欲しくないのは、「幸せ」は別のどこかにあるわけではないということです。

「幸せの青い鳥」の物語と同じです。

つまり、「幸せ」を既に持っていると気付くことが幸せである秘訣です。

だから、いま存在している事実に対して、あなた自身が幸せだと解釈する、「気付き」こそが大切なのです。

人生における幸せとは、自身が納得できるかどうかである

「幸せ」とは、気付きです。

いまの状態に対して幸せだと感じることができれば、幸せになることができます

それは、自分の人生への納得感だと言い換えることもできます。

納得感の反対を意味するのが「後悔」です。

そうすると、「こうしておけば良かったという後悔」は不幸の始まりだと言えます。

なぜなら、後悔とは既に起こってしまった過去に対して悔やむことですから。

そうすると、今を生きる上で重要なのは、後悔をしない生き方をすることだと考えられます。

人生では様々な場面で判断が必要なときが出てきます。

そのときの判断基準は、「未来の自分が後悔しないか」どうかで決めるべきだということです。

自分が納得できる未来を基準に、現在を作っていく

つまり、未来を源流として、現在を生き、過去を作っていく。

それが、幸せな人生を作っていく方法だと言うことです。

幸せは自分の心が決める

繰り返しになりますが、「幸せ」とは、気付きです。

つまり、幸せとは自分の心が決めることです。

心が「幸せだ」と決めてしまえば幸せだということ。

だから、今が最高に幸せなときだと決めてしまいましょう。

望みうる最高の幸せは、手に入れたものを好きになること」です。

幸せな人が絶対にしないこと

幸せを遠ざけてしまう行動というのがあります。

「幸せである」ためにも、これらの行動は避けるようにしましょう。

1.他人に干渉する

他人に干渉すること。

つまり、自分の期待通りに人を変えようとすることは止めましょう。

他人を変えようとしても、他人を変えることはできないと理解しましょう。

つまり、他人への干渉するという期待が叶うことは期待薄なのです。

だから、他人を変えようと干渉することは不幸の始まりだと言えます。

だから変えることのできない他人に干渉することは止めましょう。

2.他人による自分の評価を気にして自分にレッテルを貼る

他人による自分の評価を気にして、自分にレッテルを貼ることは止めましょう。

これは、自分の評価を他人に委ねてしまうことです。

つまり、他人の価値観や他人軸で生きてしまうことになります。

だから、自分の人生の評価や幸せは自分で決めてしまうようにしましょう。

3.幸せを他人や外的要因に頼る

幸せを他人や外的要因に頼ることは止めましょう。

それは、自分でコントロールできないことに、幸せを委ねてしまうことに他なりません。

自分で決めないということは、人生を他人に依存している状態です。

だから、人生での評価や幸せを自分で決めてしまう習慣を身に付けましょう。

4.恨み辛みに執着する

恨み辛みに執着することは止めましょう。

これは、ネガティブな心に縛られ、他人のことに時間を奪われることになります。

恨み辛みの対象は他人です。

他人を変えようと干渉することは不幸の始まりです。

5.ネガティブな環境でグズグズとくすぶっている

ネガティブな環境でグズグズとくすぶっているのは止めましょう。

ネガティブな環境でグズグズとくすぶっていても、現実は変化しません

そのネガティブな環境のせいで不幸だと感じているのなら、環境を変えましょう。

環境を変えるとは、

自分が居る環境自体を変化させるか、

自分の過ごす場所を別の環境に変えるかしかありません。

ただし、今まで過ごして変えることの出来なかった、今の環境を変えるというのは難しいものです。

だから、変えるべきは自分の過ごす場所を別の環境にすべきです。

6.真実と向き合わない

真実と向き合わないことは止めましょう。

なぜなら、正しい事実認識がなければ解釈を誤ってしまいます。

だから、何が事実であるかを正しく認識することが必要なのです。

幸せであり、不幸を遠ざけるために

いまの状態が幸せなのだと気付きましょう。

そして自分の人生への納得感を高めましょう。

そして不幸を招かないためにも、幸せを遠ざけてしまう行動は避けるようにしましょう。