「時間が足りない」欠乏症の3原因と解消のため決めるべき1つのこと

バッテリーが足らないように時間が足らない時間欠乏症の解消法

忙しくて「時間が足りない」ということはありませんか。

その時間欠乏感には3つの原因があります。

そして、その時間欠乏感は、たった1つのことを決めるだけで解消することができるんです。

いつも時間が足りないのは「時間欠乏症」

質問です。

あなたは、次のような感覚に囚われていませんか?

  • 常に何事かに追われている
  • 休日になっても次の仕事が気になりのんびりできない
  • 何かが終わってもまだ物足りない

もしあなたが、このようなことが気になり、いつも時間が足りない。

こういう感覚があるのなら「時間欠乏症」の可能性があります。

時間欠乏症になる3つの原因

時間欠乏症になってしまう。

それには3つの原因があります。

  1. 取り組み方に問題がある
  2. PDCAがない
  3. ビジョンの欠落

1.取り組み方に問題がある

これは、正しい手順を知らない、効率の良い方法が分からない、といった状況です。

こういった「やり方」という知識が不足している場合はどうなるか。

本来であれば、出来るだけの時間を掛けているにもかかわらず、思い通りの結果にならないという結果を招いてしまいます。

そのため、時間が足りないという事実が残ります。

では、この取り組み方に問題がある場合の解消方法は、どうすれば良いでしょうか。

それには、

  • 正しいやり方を学ぶ
  • 効率化を図る

といった学習を行うことで、このケースの「時間欠乏症」を解決できます。

2.PDCAがない

例えば何かに取り組んで、その結果が十分でないと感じたとします。

十分でないと感じるのは、量か質のどちらかに満足できていないためです。

それは、

(1)やりたかったこと > 掛けられる時間

(2)やったこと < 使った時間

どちらかです。

PDCAに照らし合わせてみると次の通りです。

(PDCA=Plan:計画 Do:実行 Check:評価 Act:改善)

(1)やりたかったこと > 掛けられる時間

(1)は計画「P」の段階で無理があるということ。

実行「D」しても満足な結果は得られません。

つまり、

「やりたいこと」を減らす

または、

「掛ける時間」を増やす

どちらかの計画の修正が必要です。

(2)やったこと < 使った時間

(2)は評価「C」の結果、計画した結果を得るために時間を掛けすぎた、という状態です。

既に結果は出ているため、改善「A」によって、次の計画に反映させることが必要になります。

PDCA

このように(1)、(2)共に「PDCA」のプロセスが欠落していることが原因です。

時間が無いと感じているからこそ、やみくもに取り組んでいてはダメということですね。

逆にPDCAのプロセスを回していくことで、このケースの「時間欠乏症」を解決できます。

3.ビジョンの欠落

ビジョンが欠落してビジョンが無いと期待値は際限なく青天井になってしまう

実は一番問題となるのが、この3つ目のケースです。

何をやりたい、

どこ迄やりたい

という期待値が際限なく青天井になってしまいます。

ビジョンが欠落しているために、いくらやっても満たされない状態が続いてしまう。

これはまるで、ザルに水を注いでいるようなものです。

この状態から脱出するためには、そもそもビジョンを持つことです。

  • 何をやるのか
  • どれだけやりたいのか
  • いつまでにやりたいのか

この「」をしっかりと定めることです。

それにより、何に時間を使うべきなのかが判断出来るようになります。

そうでなければ、闇雲に時間を費やしてしまうことになります。

そのため、色々なことを一生懸命やり続けても的を射た結果にはなりません。

時間だけ浪費して「器」は一向に満たされないことになります。

つまりこのケースでは、自分が満たしたいビジョンという「器」を最初にしっかり決めることです。

人生のビジョン「器」を決め時間欠乏症を解消

あなたに必要な器のサイズを決めると時間欠乏症から抜け出せる

そしてこの「」を定めることは、

取り組み方といった知識を得ることや

PDCAプロセスを回すというテクニックよりも重要なんです。

人生においても先ず決めておくべき最優先事項です。

思い浮かべてください。

あなたが満たしたい「器」はどんな形で、どんな大きさですか?