努力が続かない。そんな努力家じゃない僕でも続けられるコツ

努力は、続けること それ自体に意味がある

努力が続かずに直ぐ諦めてしまう。

努力できるのも結局は才能でしょ。挫折の度にそう思ってしまう。

でも努力は強い意志がなければ続けられないものではありません。

ちょっとした考え方とコツがあれば、誰でも努力を続けられるようになります。

努力の意味

努力することにはどんな意味があるのでしょうか。

努力のイメージ

まず努力と言って思い浮かべるイメージはどんなものでしょうか。

  • 努力とは苦しいこと?
  • 努力とは我慢してすること?
  • 努力とは大変なこと?

努力とは・・・

努力とは目標達成の手段

努力とは何のためにするのか。

努力は達成したいことがあって、その達成したい目標に向かって力を注ぐことですよね。

つまり努力とは目標達成するためにする手段です。

特にその目標が達成困難で、継続して力を注ぐことが努力です。

努力とは継続すること

目標達成に向かって行う努力は、継続することが必要です。

でも一時的に頑張ることはできても、継続することが難しいのです。

努力がもたらすもの

目標を達成できるまでの時間は目標までの距離によって異なります。

しかし、努力を続けることで確実に目標に近づくことができます。

努力を言い換えてみる

もし努力に「苦しい」「我慢」「大変」というイメージを持っているのなら、努力という言葉を他の言葉に言い換えてみましょう。

「今日の一歩」でも良いですし、「目標への習慣」でも良いです。

言葉を変えることでイメージを変化させると、同じ行動でも違ったモチベーションで臨むことができます。

努力とはマラソン

努力とはマラソンのようなものです。

マラソンのコツはイーブンペースで走ることです。

最初に全力で走ったりせず、ゴールに向かってゆっくりでも走り続けることでゴールできます。

ゴールに向かおう!

努力しても失敗したらどうしたらよいでしょうか。

マラソンの例えだと、失敗はコースアウト。軌道修正してまたコースを走れば良いだけです

コースアウトしたまま棄権すればそこで終わりですが、コース修正してゴールに向かって再び走り始めれば、ゴールに近づいていくことができます。

意思の力に頼らない

しかし、努力を意思の力だけに頼って続けることは大変です。

できれば意思の力に頼らずに続けられるようにしましょう。

そのためには習慣化する仕組みにしましょう。

ゴールによって得られるもの注目する

努力するには、その努力によって何を得ることができるのかに注目する視点を持ちましょう。

失敗したときに何を失ってしまうのかを考えたり、失敗しても失うものが無いという、失うものに着目する視点は不要です。

努力は、続けること それ自体に意味がある