ムッときて嫌な気分になってもスッキリ解消!コツは原因4分解

ムッときて嫌な感情になると考えたくもない

仕事をしてるとムッとくるときってありますよね。

そんなときの気持ちの切り替え、ちゃんとできますか?

ムッときて嫌な気分になっても、原因を4分解することでスッキリ解消できます。

スポンサーリンク

嫌な気持ちに襲われた時

怒られたり、叱られたり、思い通りにいかなかったり。
理不尽な上司、指示通りに動かない部下。

その嫌な気持ちの原因、いろいろとあると思います。

そんな時、どうしますか?

もちろん仕事上のミスなどであれば、改善する必要があるでしょう。

でも人間は感情を持っています。
そんなとき、気持ちの切り替えは、ちゃんとできますか?
 

「気持ち」の切り替え

以前の私も、よくそんな気分に襲われていました。
そんなときに、どうやって嫌な気持ちを切り替えるか。

もしかして、「嫌な気持ちなんてすぐに切り替えたりできない」と思いませんでしたか。

でも「気持ち」とは起こった事実に対する、あなたの解釈です。

つまりあなたの中にあるものです。

であれば、あなたの中で変えることが可能だと考えられませんか?

気持ちの切り替え方法

では、どうやって気持ちを切り替えれば良いのでしょう。

  • 愚痴を言ってスッキリする?
  • 別のことをしてストレス解消する?
  • 大声で叫ぶ?

気持ちを切り替えるルーティンは人それぞれでしょうが、結局はあなたが嫌な気持ちになった原因である事実をどう捉えるか、つまり「解釈」の仕方ひとつで気持ちの切り替えを早く行うことができます。
 

変えられること、変えられないこと

まず、嫌な気持ちになった理由というのがあると思いますが、それって何でしょうか。

また、そのことを咀嚼して何度も思い返すことで、嫌な気持ちが繰り返し湧き上がってくるのではないでしょうか。

あなたは、その嫌なことに時間を費やしたいですか?

あなたの時間が奪われていく

嫌な気持ちになっている間は、その嫌なことや嫌な相手に時間を支配されているのです。

あなたは「嫌なことや嫌な相手」のために時間を使いたいですか?

きっと答えはNoでしょう。
そんなことに、あなたの貴重な時間を奪われたくありませんよね。

では、自分のための時間を取り戻しましょう。

原因を4つに分解して考える

まず、嫌な気持ちの原因は何でしょうか。

その原因を分解して考えることはできませんか?

その原因は、

  1. 自分のことですか?
  2. 他人のことですか?
  3. 未来のことですか?
  4. 過去のことですか?

思いを巡らせ考えて変えられるのは「自分のこと」と「未来のこと」だけだと理解しましょう。

過去を変えることはできません。

他人自体を変えることもできません。

できるのは、自分が行動して、他人に影響を及ぼすことです。

であるならば、「変えられないことに時間を使う必要はない」
そう思いませんか。

変えられることにフォーカス

変えられること、

  • 自分がどう行動するか
  • その行動によって未来をどう変えるか

だけを考えましょう。

そして、それを考えたら、後は行動するだけ。

大切なあなたの時間を、嫌なことや嫌な相手に支配されているのは、とてももったいないですよね。

もう一度言います。

自分がどうするか、未来をどう変えるかだけ考えましょう。

もう、思い悩む必要はありません。