新環境での突破口!秘密の質問力で仕事レベルアップ

質問力で仕事レベルアップ。まず聞くべきことは? 仕事効率化

仕事で成果を出しながら、 自分と家族との時間を取り戻す!

やっちゃえ!オッサン 吉乃建志です。

 

異動や転勤、転職などで新しい環境に飛び込む。

そこでは新しい仕事を覚えなきゃいけませんよね。

 

教えてもらったり、やり方を聞いたり。

そんな未だ何も分からない時にこそできる、仕事の理解方法があります。

 

しかも周りから「おっ!」と思われる方法が。

 

仕事の教わり方

新しい環境で仕事を教えてもらうとき、こんな聞き方をしていませんか?

「どうやってやるんでしょうか?」

 

この質問で、やり方を教えてもらう。

これ、間違いではありません.

 

でも、どうせならもっと良い結果を期待できる仕事のやり方を知りたくありませんか?

 

質問を変える

そのためには、質問を変えましょう。

 

私が新環境で意識して行っている質問があります。

 

それは、

「この仕事の目的を教えてもらえますか?」

「この仕事で期待している結果はどのような状況ですか?」

この二つです。

 

つまり、目的と目標を確認しているのです。

 

目的と目標を共有

目的と目標を最初に確認すること。

これって実は、仕事で最も重要なことの一つですよね。

 

目的が共有できていないと、仕事は単なる作業になってしまう、

目標がズレていると、期待するレベルの結果を出すことができない、

そんな可能性が出てしまいます。

 

「聞かなくても分かるよね?」は危険!

長く働いていれば、聞かなくても求められるレベルが通じていることがあるかもしれません。

 

でも初めての環境では、仕事を教える側も教わる側も仕事に対する期待値のズレは出やすいもの。

時間を掛けて、「終わった」と思った後にズレ発覚では、お互いに不幸。

 

それを防ぐためにも、目的と目標の確認は重要です。

 

作業が仕事になる

目的と目標を質問することによって、相手と仕事を共有することができるメリットがあります。

 

更には、目的と目標を理解してこそ、作業が仕事に変わります。

つまり、仕事に意味と価値が生まれるということです。

 

もしかすると、目的を実現するためには、今のやり方より、もっと良い方法があるかも?

もしかすると、目標を達成するためには、今のやり方より、もっと良い方法があるかも?

 

それを変えていく、改善していく。

それが、本当の仕事ではないでしょうか。

 

「仕事」をして新しい環境でも活躍しよう!

仕事の「やり方」を覚えるだけでは、もったいない。

 

目的と目標を理解することで、仕事の価値が上がります。

そして、価値ある仕事をすることで、あなた自身の価値も上がっていきます。

 

作業では無く、仕事を。

 

そして新環境に飛び込んだタイミングだからこそ、敢えて聞く質問。

「この仕事の目的を教えてもらえますか?」

「この仕事で期待している結果はどのような状況ですか?」

 

これで、仕事とあなたの価値を高めていきましょう。

 

さあ、やっちゃえ!

 

【メルマガ配信中】

周りに流され仕事だらけのあなたが、仕事で成果を出しながら、自分と家族との時間を取り戻す!そんな毎日に変えていく気付きや考え方などをお伝えしています。

メルマガ登録フォーム


メールアドレス

※iCloudメール、使い捨てメール、及び企業アカウントメールは、迷惑メールフィルターでエラーになる確率が高くなります。

GmailやYahooメール等のアドレス、インターネットサービスプロバイダが発行しているメールアドレスでのご登録をおすすめします。


【人生とは時間の使い方】

ミッション:自分が楽しいと思えるコースを、いつでも何度でも走り始められる。誰もが自立して生きていける社会の実現を目指して。

バリュー:無駄な仕事や突然の問題発生、幸せの実現を邪魔する不安や悩みを解決・解消していく。

■吉乃 建志(よしのケンジ)プロフィール■

妻と娘と三人家族/システムエンジニア&サービス企画/40歳過ぎでフルマラソンに挑戦し完走/日本全国巡ることをライフワークに決めた「旅」と「食」を楽しむスキマ旅ブラリスト/本業も副業も成果を出しプライベートも充実できるハイブリッドワーカー

┏ ───────────────── ┓

  吉乃 建志(よしのケンジ)

  やっちゃえオッサン

  Powered by HYBRID WORKER

  <Mail>info@yoshinokenji.com

  <Blog>https://yoshinokenji.com

┗ ───────────────── ┛

コメント