問題解決

インシデントとアクシデントの違いを知って正しい問題解決を

インシデントとアクシデントこの2つの言葉の違い分かりますか。この2つの似た言葉の違いを理解していないと、問題解決が正しくできないという罠に陥ってしまいます。言葉の違いを知って、正しい問題解決が出来るようになりましょう。
悩み無用

将来に向けて高齢者だからできる仕事について考る3つの質問

「高齢者でもできる仕事」ではなく、「高齢者だからできる仕事」があります。将来に不安はありませんか。稼ぎ続けられる力があればその不安を軽くすることができます。それは、あなたが重ねてきた人生自体を価値化することで実現できます。
悩み無用

あえて仕事に感情を持ち込む。仕事がはかどる2つのタイミング

仕事には感情を持ち込むと仕事がはかどるタイミングがあります。一般的には「仕事に感情を持ち込むべきではない」と言われます。でも感情を上手くコントロールし、あえて仕事に感情を持ち込むことで、仕事を加速させることができます。
問題解決

問題解決に向けたハードルを越えるため点検すべき3つのこと

問題解決のためには、解決に向けたハードルを越える必要があります。そのハードルとは「考えた」と「できた」の間に立ちはだかる「行動に向かうハードル」です。「行動に向かうハードル」を越え、問題解決のための時間を無駄にしないために確認すべきこと。行動の前に3つのことを点検してください。
問題解決

問題解決に絶対必要なたった1つの「あれ」

問題解決に絶対必要ものとは何でしょうか?これが欠けていると問題を解決したつもりでも、実際には問題が解決していないということに成りかねません。問題解決に絶対必要なのは、たった1つの「あれ」です。
悩み無用

ムッときて嫌な気分になってもスッキリ解消!コツは原因4分解

仕事をしてるとムッとくるときってありますよね。そんなときの気持ちの切り替え、ちゃんとできますか?ムッときて嫌な気分になっても、原因を4分解することでスッキリ解消できます。
悩み無用

「時間が足りない」欠乏症の3原因と解消のため決めるべき1つのこと

忙しくて「時間が足りない」ということはありませんか。その時間欠乏感には3つの原因があります。そして、その時間欠乏感は、たった1つのことを決めるだけで解消することができるんです。
問題解決

共通言語を使って問題発生を予防する3つの理由

問題が発生する原因のひとつに、「言葉」が通じていないということがあります。「同じ日本語を使って仕事をしているのに、言葉が通じていない?」と思いましたか。でも、日本語同士でも「言葉」が通じない、ということは十分に起こりえます。「言葉」が伝わらない事態を回避するためには「共通言語」を使いましょう。
問題解決

そもそも、問題を元から絶つための3項目チェック

問題を発生させない。問題を元から絶つために効果的な方法、何かわかりますか?それって実現できれば、一石二鳥な方法なんです。問題発生を抑えられて、なおかつ仕事も楽になる、そのためにはチェックすべき3項目があります。
問題解決

「問題」と「課題」区別すると見える2つの役割

「問題」とよく混同される「課題」という言葉があります。この2つの違い、あなたは説明できますか。あいまいに使ってませんか?「大丈夫!ちゃんと区別できている」 という方は、続きを読んでいただく必要はありません。でも、「あれ、どうだっけ?」「同じ意味で使ってるな」という方は続きを読んで一緒に考えていきましょう。